テーマ日本が抱えている問題について

2017年12月11日、参議院会館で行なわれた
「厚生労働省社会・援護局の職員ならびに厚生労働担当議員および国内介護施設経営者による合同勉強会」
に出席してきました。

内容は、
『障害者福祉制度の現状につて』『介護を巡る最近の動向』『技能実習「介護」における固有要件について』
2時間みっちりの非常に濃い内容でした。

また、
「医療」「介護」「福祉」は国が抱える重大な問題。
経営者から鋭い質問が飛び交い、有意義な時間を勉強会を通じて共有できました。

なかでも、経済連携協定(EPA)締結のもと、送り出しが強化される一方、
技能実習生の受け側の法整備が急務なことや、
外国人が取得しなかればならない日本語検定N4レベルの問題もクローズアップされて、

課題が山積みであることを痛感させられました。

私たちは、フィリピンセブ島で日本語学校と送り出し機関を展開しており、

日本の人材不足の手助けになればという思いで日々活動していこうと決意を新たにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL